アイチケット広場LOGOマーク

< ドクターズコンテンツのトップへ戻る

病気予防のための正しい鼻のかみ方

1章 正しく鼻をかむために

鼻をかむ練習のすすめ方

1人で鼻をかめるようになるまでサポートしてあげましょう

サポート

子どもは「鼻がたれている状態」「鼻をすする状態」に慣れる傾向があります。
そのため鼻をかむという意識が芽生えにくいようです。
保護者が子どもの様子をよく観察し、鼻水が出ていたら鼻をかむようにサポートしてあげましょう。

2歳を目安に鼻をかむ練習をはじめましょう

ひとりで鼻をかめるようになる年齢には個人差があります。
目安として2歳を過ぎたら鼻をかむ練習を始めましょう。

練習のすすめ方

練習


うまく鼻をかめない子どもは、鼻から息を出すことも苦手です。
まずは鼻先にティッシュを持ち、口から息を吸って鼻息でゆらす練習からはじめます。
両鼻でできるようになったら、片方の鼻息でゆらす練習へとステップアップしましょう。

長い目で子どもの成長を見守ろう

正しく片方ずつ鼻をかめるようになるまでは時間がかかります。
焦らずに声をかけながらサポートしてあげましょう。

- index -

1章 正しく鼻をかむために

2章 お役立ち豆知識

病気予防のための正しい鼻のかみ方

このページが役に立ったらシェアお願いします。

サイト内検索

メンバー登録してくださった方

アイチケット広場は、メンバー登録なしでクリニックの受付や予約をしていただくサイトとなりました。

※メンバー登録してくださった方

以下いずれかの方法でご利用ください。

  • 1. アプリへ情報を引き継いで利用

    今後は「アイチケット広場アプリ」をご利用ください。

    ■iPhoneアプリ
    ■Androidアプリ
  • 2. 退会し、登録情報を削除

    引き続きこのサイトをご利用いただき、受付や予約の際に必要な情報を入力してください。

ドクターズコンテンツのトップへ戻る