アイチケット広場LOGOマーク

< ドクターズコンテンツのトップへ戻る

良性発作性頭位めまい症にご用心

1章 めまいの基礎知識

音を感じるだけじゃない-耳の重要なはたらき

ドクター

末梢性めまいは「耳の内部の器官」で発生した異常が原因で起こります。
めまいを知るために、まずは「耳のはたらき」からみていきましょう。

耳の主なはたらき

耳のはたらきは主に2つあります。

1.音を感じ取る

hetd
耳の奥には蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる器官があります。
この器官は音(空気の振動)を感じ取るはたらきがあります。

2.平衡感覚を保つ

hetd
耳の奥には体の傾きや回転を感知する器官があります。
そのおかげで人は平衡感覚(体のバランス)を保つことができます。
この平衡感覚を保つはたらきが、めまいに関わる重要なポイントです。

平衡感覚を保つ仕組み

私たちは2つの器官によって、平衡感覚を保っています。

三半規管(さんはんきかん)「体の回転を感知する」

三半規管

耳の奥にある、半規管とよばれる3つの半円型の管をまとめて三半規管と呼びます。
半規管は、立体的(3次元)に並んでいて、それぞれの管の中は液体で満たされています。
体の回転に合わせ、管の中の液体が動くことで、体がどの方向に回転しているかを感知しています。

耳石器(じせきき)「垂直、水平方向の傾きを感知する」

耳石器

三半規管は耳石器と呼ばれる器官につながっています。(図1参照)
耳石器には細かい毛(感覚毛)が生えていて、その上に耳石と呼ばれる小さな石が乗っています。
体の傾きに合わせ耳石が動くことで、耳石が動いた方向を感覚毛が感じ取り、体の傾きを感知しています。

以上が耳がもつ重要なはたらきです。それでは、どういう仕組でめまいが起こるのか?
次のページから詳しく解説していきます。

- index -

1章 めまいの基礎知識

2章 良性発作性頭位めまい症の検査と治療

3章 良性発作性頭位めまい症のリハビリテーション

4章 良性発作性頭位めまい症の予防方法

良性発作性頭位めまい症にご用心

このページが役に立ったらシェアお願いします。

サイト内検索

メンバー登録してくださった方

アイチケット広場は、メンバー登録なしでクリニックの受付や予約をしていただくサイトとなりました。

※メンバー登録してくださった方

以下いずれかの方法でご利用ください。

  • 1. アプリへ情報を引き継いで利用

    今後は「アイチケット広場アプリ」をご利用ください。

    ■iPhoneアプリ
    ■Androidアプリ
  • 2. 退会し、登録情報を削除

    引き続きこのサイトをご利用いただき、受付や予約の際に必要な情報を入力してください。

ドクターズコンテンツのトップへ戻る