アイチケット広場LOGOマーク

< ドクターズコンテンツのトップへ戻る

喫煙者もタバコの被害者! 「やめたくてもやめられない」を理解して家族の禁煙をサポートしよう!

1章 禁煙の一番の敵!「ニコチン中毒」の本質を理解しよう

タバコがおいしいと感じる脳の仕組み

脳の仕組み

日常的にタバコを吸うようになると、タバコを「おいしい」と感じ、「また吸いたい」と思うようになります。そして、「タバコをやめたい」と思っても、そう簡単にやめられなくなってしまいます。タバコがやめられないのは意志が弱いからではなく、ニコチン中毒=「ニコチン依存症」という病気だからです。

ニコチン依存症は、簡単に言うと脳の構造を作り変えてしまう病気です。脳内には、ニコチンの構造とよく似た「アセチルコリン」という物質があります。アセチルコリンは、平常心を保ったり、快楽をもたらしたりする神経伝達物質です。

タバコを吸うとニコチンが脳に入ります。ニコチンはアセチルコリンとそっくりなので、脳は見分けがつかず、アセチルコリンの居場所をニコチンでいっぱいにしてしまいます。すると、脳はアセチルコリンを不要と判断し、アセチルコリンを作らなくなります。

ニコチンは30分~1時間ほどで切れてくるため、タバコを吸ってもすぐにまたイライラし、「タバコを吸え」という脳の命令にとらわれるようになります。このように、一度ニコチンを摂り入れてしまうと、人の脳はニコチンに支配されてしまうのです。これがニコチン依存症の本質です。

- index -

1章 禁煙の一番の敵!「ニコチン中毒」の本質を理解しよう

2章 タバコを「やめたくてもやめられない」を理解しよう

3章 禁煙への第一歩!禁煙外来で必ずプロの支援を受けよう

【コラム】タバコにまつわる嘘?本当?

喫煙者もタバコの被害者! 「やめたくてもやめられない」を理解して家族の禁煙をサポートしよう!

このページが役に立ったらシェアお願いします。

サイト内検索

メンバー登録してくださった方

アイチケット広場は、メンバー登録なしでクリニックの受付や予約をしていただくサイトとなりました。

※メンバー登録してくださった方

以下いずれかの方法でご利用ください。

  • 1. アプリへ情報を引き継いで利用

    今後は「アイチケット広場アプリ」をご利用ください。

    ■iPhoneアプリ
    ■Androidアプリ
  • 2. 退会し、登録情報を削除

    引き続きこのサイトをご利用いただき、受付や予約の際に必要な情報を入力してください。

ドクターズコンテンツのトップへ戻る