アイチケット広場LOGOマーク

< ドクターズコンテンツのトップへ戻る

喫煙者もタバコの被害者! 「やめたくてもやめられない」を理解して家族の禁煙をサポートしよう!

2章 タバコを「やめたくてもやめられない」を理解しよう

禁煙サポートは心理戦と心得よう

ドクター

ニコチン依存症の人の心には「やめたいけど、やめられない」という真逆の気持ちが同時に存在しています。厄介なのは「やめられない」という状態が意志の弱さや人間性の問題のように感じられ、素直に受け入れられずに「自分はやめたくない」と意固地になってしまっている人が多いということです。

本当は喫煙者自身も体に悪いと分かっているのに「ストレスがたまって体に悪い」「禁煙すると太る」など、喫煙する理由を見つけて自分を正当化してしまうのです。

大切なのは、本人に「自分が実際にはどうしたいのか」ということを考えるきっかけを与え、それを自分の口で言ってもらう(意思表示)ことです。そのためには、相手が素直な気持ちを話せるように促し、感情や言葉を一緒に整理してあげる必要があります。

最初の質問は「はい/いいえ」など答えを限定する聞き方ではなく、相手が自由に答えられる聞き方(オープン・クエスチョン)にしましょう。「いつも私にタバコのことを責められてどう思っているの?」という聞き方でも良いです。

◆例えば、こんなやり取りが理想です

hetd
・今後タバコについてはどうしていきたいの?
⇒(しばらくは吸い続けるつもりだよ)
・しばらくってどれくらい?
⇒(少なくても仕事をしている間は)
・今はやめる気はないけど、一生ではないのね?どうして?

相手がタバコに対してどう思っているのかを聞くことで、本人に自分の気持ちを認識させることが禁煙への第一歩です。

- index -

1章 禁煙の一番の敵!「ニコチン中毒」の本質を理解しよう

2章 タバコを「やめたくてもやめられない」を理解しよう

3章 禁煙への第一歩!禁煙外来で必ずプロの支援を受けよう

【コラム】タバコにまつわる嘘?本当?

喫煙者もタバコの被害者! 「やめたくてもやめられない」を理解して家族の禁煙をサポートしよう!

このページが役に立ったらシェアお願いします。

サイト内検索

メンバー登録してくださった方

アイチケット広場は、メンバー登録なしでクリニックの受付や予約をしていただくサイトとなりました。

※メンバー登録してくださった方

以下いずれかの方法でご利用ください。

  • 1. アプリへ情報を引き継いで利用

    今後は「アイチケット広場アプリ」をご利用ください。

    ■iPhoneアプリ
    ■Androidアプリ
  • 2. 退会し、登録情報を削除

    引き続きこのサイトをご利用いただき、受付や予約の際に必要な情報を入力してください。

ドクターズコンテンツのトップへ戻る